Products

Re-lux

2019SS
Post Productionの原点となる一足。

「どんな装いにもおさまりよく、いつでも締まった印象を演出してくれる。そんな一足が玄関にあれば最高じゃないか」。“Re-lux”はそういった思いからつくられたPost Productionにとっての一型目です。キーワードは「Relax&Luxury」。玄関で靴ひもを結びたくないという僕のわがままは、このようなかたちに結実しました。

デザインのベースとなっているのは、ベルジャンシューズ。かつて、欧州の王侯貴族の室内履きとして親しまれていた靴です。本来はヒールが低くスエードなどのやわらかい革を使い、ライニングや踵の芯を省いてくしゃっと履かせるものですが、“Re-lux”は本格的な外履き仕様にしています。履き口は広くスポッと履ける、それでいて小走りしても踵は浮かない。そんなフィッティングを実現するための木型を設計しました。メインとなる革は、肌理が美しく上品な艶が魅力の仔牛革「ベビーカーフ」。男性が履いたときの加重にも耐えられる、十分な厚みのある部位のみを厳選しています。

ほどよい丸みとボリュームのある木型なので、いやらしい見た目にはならず、つま先はカジュアルな面構えを保っています。アッパーの丸いモカシン縫いの飾りにはパイピングを施して上品でやわらかい印象に。ヒールは一般的な紳士靴より少し高い2.5センチに設定しつつ、テーパーを施しているので一層スラっとした足元になります。姿見鏡の前に立つ際には、ぜひ振り向いて後ろ姿も見てほしいです。

と、ここまで話したそれぞれのディティールへのこだわりは、履いたときの空気感を演出するためのもの。男性とも女性ともつかない、頼もしさ・軽やかさ、かっこいい・かわいい、そんな二項対立の隙間をぬって、ただ凛として背筋が伸びる。そんな空気感を目指しました。

SPEC
Material: Baby Calf, Goat
Color: Black, Choco

PRICE
¥74,800- (¥68,000 +tax)